コミュニケーションサイト Facebook アクセス お問い合わせ
TOP先輩の声 › 樫本 かすみ(新卒)

樫本 かすみ

福祉に興味を持ったきっかけ

卒論のテーマが「近世における老人観」であったのもあったり、教職免許をとる過程で1週間介護等体験としてデイに行った時に職員さんがいろいろ工夫をこらして個々のご利用者に合ったサービスを提供している姿をみてちょっと興味をもっていました。

嵐山寮を選んだ理由

観光地である立地や説明会でその立地環境を活かしたサービスの提供を考えておられたことも興味があったりしたんですが、正直気づいたらうっかり選んでいました(笑)

ある一日の流れ

8:20 ミーティング
8:30 ? 送迎
9:30 ? 入浴
12:00 ? 昼食準備・配膳
12:30 ? 口腔ケア・トイレ誘導
13:00 ? 休憩
14:00 ? レクリエーション
15:00 ? 喫茶提供
15:30 ? トイレ誘導
16:00 ? レクリエーション
16:15 ? 乗車介助
16:30 ? 送迎
17:20 ? 終了

入職してから印象に残っているエピソード

遠方にお墓参りにいきたいとおっしゃられたご利用者がおられてなんとかお連れしたいと思いましたが、デイサービスの業務からははずれてしまっているため自分たちでお連れしてあげることができないでいました。すると数日後デイサービスご利用中に緊急搬送されてしまい、そのまま亡くなられてしまわれました。デイサービスの業務や自分たちで連れていくという方法にとらわれずもっとひろがりのあるアイデアをだしてお墓参りをさせてあげることができなかったのかと考えさせられ、今の自分に生かさないといけない大きな経験となっています。

やりがいを感じる瞬間

ご利用者さんから体の心配をされた時や他の職員さんが退職されてしまうときに「あんたはおりや、あんたがやめたら私もやめる」とか声をかけられた時などは素直にうれしいです。

仕事とプライベートの両立はできますか(休日の過ごし方・ストレス解消法など)

同期の職員に相談をしたり、友達とごはんを食べにいったりしてストレスを解消しています。

3年後はどのような姿になっていたいですか(今後の目標)

「明日は出勤者が少ないけど樫本さんがいるからなんとかなるわー」と思ってもらえるような他の職員さんに頼られる存在になってたらいいなぁと思います。後輩にも良いアドバイスができるような存在になっていれたら。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

介護は誰にでもできて誰にでもできないといけない業務だと思うところがあります。
いつか介護をしてもらう立場に立つ可能性がある私たちにとって身近な業務ですので、興味がありましたら飛び込んでみる価値がある仕事だと思います。また専門性を磨けば、業務以外でも周りの人から頼りにされると思います。