コミュニケーションサイト Facebook アクセス お問い合わせ
TOPお知らせ › 嵐山寮コロナウイルス感染対策報告

嵐山寮コロナウイルス感染対策報告

2021/03/11
嵐山寮では3月8日(月)・9日(火)の2日間、
・京都市による高齢者施設職員へのPCR検査
・第2 回京都市COVID-19 大規模調査「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における抗体検査の有用性と大規模疫学調査」に協力いたしました。
(※当日の写真を添付します。)

 
この度、KBSテレビより京都市老人福祉施設協議会に取材の依頼が入り、嵐山寮うたので取材を受けることになり、3月9日(火)にはKBSテレビ「NEWSフェイス」(17:45~18:00 オンエア)から取材を受け、当日のPCR検査の模様や介護職員のインタビューが夕方のニュースで放送されました。
 
放送内容『KBS京都news:クラスター防止へ 高齢者施設の職員らにPCR検査』
https://www.kbs-kyoto.co.jp/contents/news/2021/03/n20210309_108919.htm
「新型コロナウイルスのクラスター発生防止を目的に京都市は高齢者施設の職員らを対象に感染の有無を調べるPCR検査を進めています。このうち、京都市右京区に4つの高齢者施設を運営する社会福祉法人嵐山寮では、その一つ「特別養護老人ホームうたの」できょう午後、職員およそ70人を対象にPCR検査が行われました。京都市は新型コロナの感染が爆発的に広がった去年12月から、高齢者施設でのクラスターが相次いで発生したことから、第4波を起こさないためにも高齢者施設での対策に重点を置いています。中でも先月下旬からは市内におよそ500ある入所型の高齢者施設すべてで職員と新たに入所する高齢者に対し、PCR検査を始めました。特養ホームうたのでは介護福祉士や看護師、それに機能訓練士をはじめ高齢者と直接接する機会の多いスタッフから事務職員までが指示に従いながら、だ液を採取し、検体を提出していました。」
 
 
また、3月10日(水)には、「嵐山寮うたの拠点」での新型コロナウイルスに対する感染症の取り組みについて、感染対策本部会議と感染症発生時のシュミレーションの取材を受けました。
こちらは、3月16日(火)同番組内、KBS京都newsフェイス(17:45~18:00 )でオンエアされる予定です。
https://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/newsface/
(※当日の写真を添付します。)